ちゅらもの~こだわりの沖縄ギフト通販 / ブログ記事

アジアの香り。アジアを食べる。ももと庵


2015/10/30

赤い屋根がトレードマークの万鐘ももと庵は、世界遺産「勝連城跡」のふもとにあります。那覇から北に1時間、中部うるま市に勝連城跡があり、そのふもとの赤い屋根のアジアンレストランです。本格的なアジアンテイストの料理がお手頃なお値段でいただける沖縄で貴重なレストランの一つです。
日本人が食べやすいように工夫がされていて、「ほんのりアジアン」でアジアン料理がはじめての方向けです。ちょっと物足りない、本格的なアジアンが食べたい方向けに、「しっかりアジアン」がおススメです。そのほか、沖縄料理も立派なアジアン料理!そしてここは沖縄、絶対はずせない「とってもおきなわ」メニューがあります。

こだわりって何だろう?それがももと庵の基点です。


ももと庵店内

一食、一食を大切にすることが私たちの未来を左右する大きな違いを生みます。誰もが健康でいつまでも活躍できる体を享受していたいと願望します。現代は、ファストフード店やコンビニが街に溢れています。いつでも、どこでも、24時間好きなものを好きなだけ食することが可能です。故に、健康がないがしろになりがちです。ももと庵ではそれを打破したいと強く感じレストアランで提供する食材を可能な限り自社が運営する養豚場から仕入れ、賄えない分は、きちんと吟味した県産豚や、培ってきたネットワークを通じて見つけてきた東南アジアの素晴らしい食材を組み合わせて、新しい価値、新しい料理を生み出すように努力しています。
料理を目で楽しむことも大切な要素です。日本人は料理を目で食べて、それから味わいます。「日本人は目で料理を食べる。西洋人は鼻で料理を食べる。中国人は、舌で料理を味わう。」っていうこんなフレーズを耳にしたことはありませんか?その目利きができる日本人を満足させるべく、ももと庵では、一皿一皿の盛り付けにこだわりを持っています。口に入れればそれぞれの素材を際立たせるよう工夫されたカットが施されているんです。ほんとにきれいな盛り付けで、食欲をそそります。

やみつきになっちゃう、旨過ぎる「肉みそ」


ももと庵では、レストランで提供されるアジアン料理以外にも、ご自宅で沖縄の昔ながらの味を堪能できる商品があるんです。それが、美(ちゅ)らものでもご紹介・販売させていただく「黒糖肉みそ」です。
昔、昔、沖縄では豚肉は非常に高価な食材でした。なので、豚肉ではなく、豚の脂肪(ラード)で味噌を炒めたものがアンダーンスーと呼ばれる油味噌でした。アンダは油で、ミスーは味噌の意味です。
でも、今はみんなが豚肉をいただける時代です。やったぁー!でもですね、やっぱりお野菜や味噌のようにふんだんに提供するには難しいのです。そんな現状なのですが、ももと庵ではびっくりする商品開発を行ったんです!お値段がする豚肉をいっぱい入れた肉みそ作りです。普通は、味噌や砂糖が多めに入っていて原材料表示では、使用量の多い順に書く決まりになっているので、豚肉が先に来ることはあまりないのです。
ももと庵は、肉みそにも、特に豚肉にこだわりがあります。厳選された豚肉を使用し、豚肉の脂を取り除いてから、赤身をカットして炊き込みます。余分な脂をカットしているので、おいしくてヘルシーな肉みそです!また、白糖ではなく黒糖を使っているので消費者にとってはうれしいですよね。
家にいながら、沖縄の味を堪能できます。お弁当のおかずとして、ご飯のお供として、肉みそを楽しんでください~!

※万鐘ももと庵さんの商品は「ちゅらもの」にてお買い物いただけます。

豚しゃぶ混ぜ混ぜ沖縄そば