ちゅらもの~こだわりの沖縄ギフト通販 / ブログ記事

ついに島にんじんの収穫! 栽培日記 最終回


2015/12/01

こんにちは!残る島にんじんはどうなった!?的な島やさいポッターのやのです。皆さん、とうとう最終回のステージに入りました。。。ちょっと寂しいです。
島にんじんは、前回までに、①葉っぱもフサフサになりすぎたように感じたので間引いたこと。②近すぎた株を一旦、抜いて、間隔をあけて植え替えたこと。③植え替えた時に見たところ、にんじん本体(根っこ)は細く小さかったこと。などをお伝えしましたね。

小さいにんじんだけと、立派に島にんじんの形をしている!


島にんじん2本 間引き後

それから2週間弱経っていたため、改めて観察したところ、土からのぞく、にんじん本体の上部があきらかに太くなっていました!ワーイ♪\(^ω^\)( /^ω^)/ワーイ♪
そこで4株あるうち、大きい方から2株抜いてみたところ、こんな風でした。どうでしょう!?いっちょ前に、にんじんらしい形になっているではありませんか!嬉しい限りです。
もしろん、売っているニンジンに比べれば、とても小さいのですが、これでも根っこの最先端はほぼ栽培ポットの底に届きそうな長さです。なので、栽培セットに付属の説明書にもあるように、島にんじんは本葉が5~6枚になったら、深さのあるプランターか露地植えに、植え替えないと大きくならないのだと思います。
もちろん、このサイズでも大丈夫!ミニサイズニンジンを、葉つきのまま出して、地物野菜サラダとして齧ってもらう、そんな趣向のレストランもありますから、もちろん食べても大丈夫です。
ただ今回の栽培経験では、4株だけなので・・・にんじんだけのボリュームは少ないですね。(^_^;)

箱入り娘の「島にんじん」さん


真冬の寒い時期に種蒔きしたので、きちんと育つか不安でしたが、付属の説明書以外の知識なしでも、しまなー、島にんじん共に無事育ってくれました。(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ
これから本来の種蒔きに適した気温、春になってきます。僕も残っている種で、自宅農園第二期生にとりかかろうか?なんて思っています。始めは、ちょっと面倒くさいなぁ~って心で呟いた頃が嘘のようです。
そうそう、お伝えしたいことがあります。収穫した島にんじん、小さい方はナニなんですが、大きい方は洗ってから、そのまま丸かじりで食べてみました。まだ小さいにもかかわらず、にんじんの優しい香りと、ホワッとした甘さで、なかなかイケています!(๑╹ڡ╹๑)
それから途中で間引いた“本葉”ですが、これもベビーリーフサラダや、天ぷらなんかで食べてもおいしいです。葉っぱは結構ボリュームも出るので案外使えますよ!(*^_^*)

島にんじん 収穫の2本

約4ヶ月、お付き合いありがとうございました。


島にんじん 収穫前

前回の投稿でしまなー収穫しておしまい、としたしまなーについてですが、一株だけ、花芽を摘んで残していましたが、やはりまた花芽が出てきました。そして本葉はあまり大きくなりません。もう種を残すモードに切り替わっているんでしょうね。
そんな状況でしたので、残っていた本葉を7~8枚摘んで、ベビーリーフサラダに追加しておいしく頂きました。
この辺は、バジルやシソ、スイスチャーブなどと違って、一株単位で潔くえいやっと収穫するタイプの葉物野菜でした。ですから、栽培ポットで栽培する場合、あまりに株数を増やさず、充分間隔をあけて2株程度の栽培にした方がトータルで収穫できる分は増えそうな気がしますよ。
最後に、種蒔きして4ヶ月。以上で栽培日記も最終回ですが、皆さんの栽培のヒントになれば、とてもうれしいです!

♪ さぁ、あなたも島やさい栽培をはじめてみませんか?