ちゅらもの~こだわりの沖縄ギフト通販 / ブログ記事

これ読めるかなぁ? ( ゚д゚)ポカーン


2016/11/27

沖縄の地名は、内地の方々が日ごろ慣れ親しんでいる地名とは違いすぎて、まったく読めないってことがよくある、あるある話の一つですよね。そんなおもしろ地名をクイズにしたいです。漢字から想像して、どれだけ読めるか試してみてください。
実は、、、沖縄の人でさえ、「なにこれ?」って地名があるんです。エラそーにクイズにしますって言っている私も7個しか読めませんでした。。。

シャーロックホームズになってね。


地名のかんばん ぶうるばる

( ゚д゚) ポカーンってなること間違いなし! ???(はてな)マークが頭の中で何個も現れるでしょう。内地の方が必ず口にするのが、沖縄の地名の難しさや、その読み方がわかってもなんともぴんとこない、っていう意見が多いです。何で漢字3文字を使って表記しているのに、2文字のふりがななんだよぉーっていう、ちょっと怒りにも近いご意見が飛び交います!見ている方はおもしろいですけどね。だって本気で怒っているから。(笑´∀`)
では、クイズです。(正解はこの記事の最後にあります。)

01. 南風原
02. 後原
03. 東風平
04. 保栄茂
05. 勢理客
06. 為又
07. 城辺保良
08. 伊奈武瀬
09. 具志頭
10. 大工廻

さて、みなさん、何個読めましたか?県外の方で3問正解でしたら、沖縄通です!すごいです! (*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
沖縄の言葉では、母音の発音でアイウエオが、「アイウイウ」という発音になります。例えば、親心(おやごころ)なら、「うやぐくる」となります。平安時代の大和古語を色濃く残していたり、元々の意味から、まず音が沖縄風に変わったり、そこから音だけで漢字を当て字されたりと。

名探偵「シャーロックホームズ」になれましたか?


正解は、

01. はえばる(南風原)
02. くしばる(後原)
03. こちんだ(東風平)
04. びん(保栄茂)
05. じっちゃく(勢理客)
06. びいまた(為又)
07. ぐすくべぼら(城辺保良)
08. いなんせ(伊奈武瀬)
09. ぐしちゃん(具志頭)
10. だくじゃく(大工廻)

たぶん、多くの方にとって、一番理解不可能で頭にくる読みは、「保栄茂」でしょうね。なぜなら、漢字表記は3文字で、読みは2文字だからです。
★保栄茂(びん)について
現在の保栄茂は『おもろさうし』では「ほへむ」「ほゑむ」という表記ででてきます。「ほへむ」「ほゑむ」を沖縄の3母音(「o→u」、「e→i」と変化する)に変換すると「ふいむ」となります。『おもろさうし』には濁点は表記されていないから、濁音だったとすれば「ぶいむ」となります。「む」は大和語でも推量の助動詞の「む」は「ん」と発音されるから、「む」から「ん」の変化は容易になされます。となると「ぶいん」となり、最後に「bu」の「u」音と次の「i」音が結合すると、「i」音の方が強く残って「びん」になったという説です。

地名のかんばん うふたびら